もらって嬉しいノベルティの特徴

ノベルティの作成を考えている方に、どのようなものがもらって嬉しいのか、その特徴について説明します。そもそもノベルティとは、企業が自社や商品の宣伝を目的として無料配布する記念品です。なので自社の宣伝になり、かつ費用を抑えられるものでなくてはなりません。例えばスポーツメーカーであったら、サッカーボールに企業名を入れた消しゴムを配布する、などです。

企業の特徴を表したアイデアを盛り込むことで、顧客の印象に残ります。実用性があり普段使いができるものが、顧客にとって嬉しいポイントのひとつです。せっかくアイデアが良くても、貰ったその日だけのインパクトで終わってしまっては勿体ないです。出来れば毎日仕事で使うことができ、長持ちするものであれば宣伝性がグッと上がってきます。

どれくらいの期間使われるかをある程度予測し、使い終わりそうになったら別のノベルティが手に入るという好循環になっていけばベストです。もう一つ重要なのは、他企業との差別化です。わかりやすい例が、使いやすく低コストだからといってカレンダーをつくることです。カレンダーをつくる企業は多く、使われずに捨てられてしまうものも多いです。

他社と少し違うだけで目立ちやすくなるので、工夫しましょう。最後に、ノベルティの渡し方にも気を配りましょう。モノも大事ですが、気持ちが一番大切です。直接渡すときには笑顔で、郵送するときには手紙を添えて、心を込めて贈るようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です