ノベルティの歴史について

今や多くの企業が宣伝活動としてノベルティを利用しています。これは、企業名や商品目、サービス名などを印刷した商品を無料配布することで多くの人に認知されて、販売効果につながるようにしたものです。近年のノベルティは質やデザイン、内容がとても充実していることで多くの消費者にとって満足のいくものが展開されています。ターゲットに合わせたグッズ内容、デザイン、使い心地などをしっかりと調査や考えたうえで作成し配布されるので失敗が少なくなっていることで、宣伝効果は抜群なのです。

こうしたノベルティは実は江戸時代からありました。厳密にいえば当時のノベルティは、引き札といったものでした。これはチラシのようなもので、そこに縁起の良い絵や浮世絵、美人画などが印刷されていることでとても人気がありました。それが無料配布されるとなると、それを目当てに商品を購入する人が続出していまたのです。

商人による良く考えた戦法で、大成功だったわけです。この日寄付での収集家なども存在しだし、益々注目を浴びるようになっていきました。こうした始まりを持って現代のノベルティに移行していきましたが、いつの時代も無料であること、それが貴重であること、満足感の高いものであることが消費者の心をつかみ、売り手に対する好感度も上がり、それが商品を購入する、サービスを受けることにつながっていくのです。頂いたらお返ししたいという日本人の気持ちがうまく循環しているといえるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です