ノベルティはどのように選ぶのか?

商品の販売促進を狙うための選択肢の1つに、ノベルティを利用するという方法があげられます。おまけがついてくることで、人々の購買意欲につなげることが可能です。ここでポイントになるのが、実際におまけをつけるとしたらどのようなものがいいのかという点です。当たり前のことですが、商品の販売促進のためとはいえ高いものは選べません。

安くてノベルティとして喜ばれるかという点が、利益のために大切な点です。実際におまけをつけるといっても、さまざまなスタイルが存在しています。1つ目が、購入時にセットでもらえるというものです。ペットボトルを買うと、キーホルダーなどがついてくるなどのものを見たことがある方もいるでしょう。

購入時にセットでもらうことができるので、誰でも気軽にノベルティを入手できるのがポイントの1つです。ほかにもおまけには、抽選にするという選択肢もあげられます。商品に貼ってあるシールを集めて、何ポイント以上で応募すると何らかの品物がもらえるというスタイルも多く見られます。抽選などのスタイルをとることで、欲しいと思った方がいくつも商品を買ってくれる可能性もあります。

ノベルティといっても、さまざまなスタイルで考えていくことが可能です。品物選びだけではなく、おまけのつけ方も含めて総合的に考えていくようにしましょう。また商品の特徴などを考慮して、どのようなスタイルが適しているのか考えることも必要です。例えば箱で売られている商品ならセットでノベルティをつけられますが、パンのような商品だと袋にシールを貼って応募してもらうなどのスタイルが適しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です